室蘭清水丘高校 東京同窓会

英語科(昭和45年~平成20年)の色々な話題・想い出

会員ページのメニューに戻るはこちらです。会員メニュー

 

同時代を共にして―英語科開設の頃― 一組担任下宮英治

内浦湾を吹き渡るあの潮風は今日もまた清新の気をいっぱいに増市の丘に運んでいるだろうか。 昭和42年待望の新校舎が完成して、それぞれ自分の机やら持ち物を抱えた生徒達といっしょに測量山を山越えしたあの日のこと、何か新しいことが出来る、そんな予感がする中でやがて始まった英語科課程開設当初のことなど、在職7年間のさまざまな場面が今一気に脳裏にflashbackされて甦ります。 校舎新築時の青写真の中にLL教室を想定した設備が組み込まれていて、これは当時の英語科の先輩教員、成田郁郎、富樫小三郎、増川暁児先生らの先見的発想によるものでした。同時期、道教委は普通科中心の道立高校に地域の特性に応じて 新たに理数科および英語科課程を導入する方針を固めており、これらの条件があいまって、室蘭市には、栄高には理数科、清水高には英語科が設置される運びになりました。 44年春、英語科主任に小樽潮陵から谷川原義之先生を迎え、その卓抜した指導力の下で新課程が発足しました。たまたま私は初年度のクラス担任を仰せつかりましたが、翌年は谷村善通先生、次いで3年目は山中富雄先生……と、きわめて秀れた先生方との連携があり、更には英語科全体、学校全体の厚い支持がある中で、英語科課程の将来に向けての基礎固めが出来上がって行ったように思います。 何か新しいことが出来るという想いは、音声重視の英語教育の実践とのう視点に焦点化されて、カリキュラム上ではLL演習一会話一文法の間で教材、指導法のintegration(統合化)が図られました。講師として委嘱されたRegisB.Ging先生は、この時期ほとんど全ての時間を、個人的自由時間さえもこれらの授業に投入して指導に当たってくださいました。以来17年間、ギング先生が中身を満たしてくださった。深甚の感謝の気持ちと共に思い出しています。 想い返せば、60年代は大学から高校へと学園紛争が山おろしの風のように吹き荒れた時代でした。心ならずも対決して、互いに傷ついた、そんな場面も経験しました。それから35年を経て、最近室蘭在住の者達が「クラス会をやろうよ」と言い出しました。昨年に統いて、今年はギング先生もお呼びしようというのです。なんと嬉しいことではありませんか。 清水丘校が今再び装いを新たにしようとしています。そこから新たに何が生まれるか、かつて在職した多くの教職員の一人として見守っています。

懐かしき清水丘での日々 講師 R・ギング

あの懐かしい清水が丘の坂道を登り、はじめて校門をくぐったのは、昭和44年4月初旬、私が28歳の時である。そこで、私が人生の新しい一時代が始まった。一生忘れられない、すばらしい出会い、友情、またたのしい日々の出発点だった。私の生涯の黄金の時代である。 新入生のように胸をわくわくする門出であった。室蘭教会に赴任したばかりで、まだまだ日本社会や、学校生活のことが分からず、心細かった一方、教えることや、若い生徒たちとの付き合いの大好きな私は期待で胸ふくら思いであった。幸いに、私の期待は十二分に報いられた。 二十代の青年だった私は、学生たちと気軽に付き合え、彼らと同じ立場で日本の学生生活とはどんなものか、又、その悩みや楽しみなどを彼らを通じて体験できた。その体験のためだろうか、今でも、学生の立場に立って、私は現在の日本の教育界の危機を見ようとしている。: 私が教段に立ち始めたころの学生は生き生きとしていた。学生運動はピークを越えていたが、まだその活性が残っていた。学生は、より良い社会や教育を求め、活発に人生や社会について討論していた。又、フォーク時代で、彼らが集まれば、ギターを弾き、歌に興じ、クラスはよくまとまったものだった。 授業も楽しかった.学生は英語をマスターしたいとの意慾に燃え、私も、先生方の協力を得て、色々な教材や教え方を自由に取り入れることができたから、楽しい上に充実したものだった。 私の大きな楽しみは、クラスをうちの教会へ呼んでパーティーに招待することだった。毎年クリスマス・パーティー、又、英語科の卒業式を兼ねて卒業パティーを開いた。三年間付き合った教え子と別れる卒業の日は、いつも胸が詰まった。 もう一つのハイライトは、先生方との付き合いである。全力をあげて生徒に尽くし、より質の高い授業を求め、一人一人の生徒の二一ズに応えようと努力する彼らの内に、私は教育の真髄を見た。すばらしい教育者の模範であった。私を仲間の一人として温かく迎え入れてくれた先生方。今でも数人の方と親しく付き合っている。 昭和60年6月、私の転任のために清水が丘と別れる日が来た。その後も、時々、室蘭へ行く用事のある時には、必ず測量山に登り、展望台から清水が丘の校舎やグラウンドを見下ろすのが私の習慣となった。その都度、まるで過去ヘタイム・スリップしたように、生徒たちの声が聞こえ、懐かしい数々の顔や場面が目に浮かんだものである。それは感動的な体験である。清水が丘での日々は、深く私の心に刻み込まれている。

ギング先生は昭和44年英語科設置以来昭和60年までの16年間外人講師として英語科生徒(通算600名以上)を指導された。なお、英語科は平成20年3月開設以来38年の歴史を閉じた。

英語教科を受け持って(元教員の感想)

平成になって英語科も20年の歴史となり、それまで一組だったのが2クラスになって、今後どのように英語科を作り上げていくかがいつも議論の中心であったように思います。英語科教員同士をはじめ、他教科の先生方と何度も議論を重ねたことは良き思い出となっています。昭和62年11月忘れもしない臨時職員会議がもうけられ、放課後2時間ほどかけて普通科の間口を減らす案(8から6へ)、英語科を増やす案(1から2へ)が学校長より提案がありました。当時は全国的に国際化が教育界のキーワードでした。そのためにも英語科を備えた学校をもっと増やしたいという教育委員会の意向はあったはずです。
当時は道内にも3校(旭川北、砂川北)に英語科がありましたが、なぜこの3校に設置されたか最近理由が判明しました。昭和60年頃に40台のタイプライターがすべて電動式になり、その年に道内で初めて英語科1日体験入学が行われました。この取組および英語科の様子が昭和59の月刊英語教育{大修館}で全国に紹介されました。更に、昭和57には英語弁論大会で1年生が全道大会優勝。全道英語研究大会も当番校となり昭和61年に室蘭で開かれました。
 とにかく教員間では多くの議論を重ね、ああだこうだ言いながら、年度末(2月下旬)には学年で、教科で温泉街へ1泊2日の旅行に出かけ夜遅くまで話し合ったことは今でも懐かしい思い出です。そしてそれが次年度の活力になったことは間違えありません。
そして英語科は実用面をもっと重視した授業展開がなされてきたのではないかと思います。授業内で英語劇の実践、グループによる英語発表会の実施、海外研修、ENGLISH DAYの実施など行われました。清水ヶ丘高校の校歌の英訳も英語部が行い(今もその記録が残っていると思いますが)曲に合わせた英詩が見事でした。
  **広報部注釈:校歌の英訳文はただいま探しています。暫くお待ちください。**
ご存知と思いますが昭和59年より英語科閉科までの清水丘学校長はすべて元英語教員でした。英語科に特色を出すためにそのような体制を教育委員会がとったことと思いますし、旭川北高校も本校に倣い昭和63ごろから英語の学校長になりました。
外国人の先生には当初の15年間はギングさん(室蘭教会牧師)、その後グドールさん、マイク・セッションズさん、ケイト佐藤さん(日本人とご結婚)、キャロラインさん(昭和59年文部省から高倍率を勝ち取られて派遣)、ほかにも、キャミラさん、レイチェルさん、ゾーイさんなどとても優秀な方々が担当されました。
ところで、室蘭はペリー来航より古い外国との接触があったことをご存知ですか?イギリス船プロビデンス号が18世紀末に室蘭へ立ち寄り、「プロビデンス号の謎」という朗読劇がNHK室蘭放送局から発信されました(昭和62年ケーシー高峰さん主演、本校イギリス外国人も出演)。その当時の様子を高校生レベルの英語で理解できるよう英語の先生方で平成10年ごろにに一冊の英訳本ができ、授業の中でも使用されたことを聞いております。プロビデンス号の船の模型は白鳥大橋下の広場に見ることができます。
以下に資料などを見ることができます。
探険船「プロビデンス号」のこと
室蘭の夜明け

LL教室について

昭和45年(1970年)増市校舎に入学して、火曜日と木曜日は七時間、土曜日は六時間授業で、且つ三年間で普通科では必須履修科目の内、数Ⅲ、地学、物理、地学、古文か漢文、日本史か世界史のいずれかを選択して英語の時間に割り振り、大変厳しいカリキュラムが組まれていました。中でもタイプライター(確か三階の一番奥の右側教室)と、一階の柔道室の手前のLL教室は、我々36名だけの専用施設でしたから、他のクラスと違った特別扱いされていると感じていました。
さて、LLとはLanguageLaboratoryと称して、一人ひとりの生徒が自ら「繰り返し」練習できる専用機材が用意されて、発音もさることながら、覚えておくべきフレーズなどを声に出して、それをテープに録音して確認し、時にLLのアシスタント(女性)からアドバイスを受ける時間でした。
右の絵のような(実際は鮮やかではなく、ベージュかライトグレー)、個人をそれぞれ隔てるブース形状の什器が並んでいます。前と横の衝立は高く隣りが見えません。しかし前方はガラス張り、時間内は振り向いたりする人は居なく、結構皆んな真面目に取り組んでいました。教室の前方には先生のモニター施設があって、教材の音声を各ブースに流します。先生は練習の様子を聴いては「時には注意」「アドバイス」をランダムに行っています。従って居眠りも、さぼり(お気に入りの曲を持ってきて聞くなど)できない状況でした。
私たち一期生から少なくとも四年後までは、所謂「オープンリール式」のテープデッキ(なぜかモノラル)を使用していました。生徒は一本30分か60分テープを買って教室の席に就きます。ブースには空リールがセットされているので、自分のテープを引っ張って、反対側の空リールに巻き付けて準備完了です。しかし女子の皆はこの操作も大変苦労したようです。後日妹に聞きますと、当時流行り始めていて流通していたカセット式に変わったそうで、わずか数年間の当初のLL機材、なにやらもったいない感想を持ちました。
この方法は、機材がコンピューターにとって代わるまでは継続していたようで、英語教育には欠かせない「繰り返し」練習の基本と言えます。そして今でもその内容はクリアに思い出せますし、自然に(条件反射のように)出できます。それこそ、今で云う(スピードラーニング)に加えて、自分で発声して弱点を補え覚える機能を追加したものでした。

英語科で訓練を受けて

1970年から三年間はクラス全員が『我々はモルモット』と云う位、先生たちも戸惑いと不安の連続だったでしょう。全国でも珍しい専科のスタートでしたから。でも、平成20年までこの科は継続して、憶測ですが、合計で1,600名以上の英語科出身者が全国で活躍しているはずですから、誇りに想っても問題ないと感じています。

さて、1969年の一組時代の思い出と、その後に繋がる逸話を紹介します。

1969年(昭和44年)の正月の頃、春からの高校への進学にあたってはとても悩ましい問題でした。清水丘に英語科が新設されるとの先生からの案内があり、一方栄高には理数科が、自身としてはどちらの進路も魅力的で、父親が学校と仕事も技術系だったこともあって、やはり栄高にしようかと考えていたのは事実です。しかし「これからは英語だ」のアドバイス、これは度々の海外出張での苦労を息子にはさせたくないとの気持ちもあったのでしょう今となってはこの指針は正しかったと確信しています。

学校での教科は、英語科だけが火曜日、木曜日に七時間、そして土曜日も六時間まであって、週に四コマもタフな学校生活でした。加えて地学、数Ⅲ、漢文(確か)などのカリキュラムを全て英語に振り分けられていましたから、まさに英語漬けでした。他の九クラスの皆からは別の眼で見られたり、二言目には「お前ら英語科だから」ともいわれたりと、当時英語科一期の36人は少し肩身の狭い思いもあったことも事実です。
ただ、三年間で習得できたことは、英語に対しての拒否反応を無くせたこと、先生の工夫でフォークソングや優しい歌を歌うことで、発音や自然な英語的表現を体得できたことでしょう。従って、自身が進学後履修したドイツ語も、社会人になって必要となった中国語にも全く自然に入ることができたことは、この時代の素地に違いありません。更には普通科ではありえないタイピングとLanguageLaboratoryを占有できたことです。当時でもタイプ(機械式です)は、一分あたり30~40ワードは打てたと思いますから、後日パソコンのキーボードはお手の物になったのは云うまでもありません。 30才代では、パスポートを増刷する位に米国、欧州を行き来きし、様々な人たちとの仕事、プライベートの付き合いができたことも、全く物おじせずに入れることも、三年間の学習とその成果なのでしょう。分からないことは即座にその場で聞き返す、質問することは、恥ずかしいなどと思うことは避ける、更には自信がなければ相手の発言を静かに復唱する、これらは外国語を習う際の普遍的な姿勢だと確信しています。ただ英語教科の犠牲にしてしまった、世界史、とりわけギリシャ神話時代の知識が足りなくて、慌てた経験も多数ありました。ですから、言語だけにとどまらず広く知っておくべき、学習すべき事柄にも後になって気がつかされました。

一組の教室内での逸話が一つあります。
勿論英語の時間で担任の下宮さんが次のフレーズを黒板に突然書きとめました。

クラス36人全員、キョトン?!?

当時私たちはビートルズ、カーペンターズの歌詞に自分たちで勝手に訳詞をしていました。そして、教室では多くの慣用句や決まりごとなどを繰り返し復習、暗記していました。ですから、すっかり頭の中は英語。
15分たってから誰も手を上げられずにいて、先生が出した【回答】、それは吃驚するほど、頭から冷たい水をかけられた衝撃でした。
現在流行っている《スピード・ラーニング》と全く同様の方法を私たち36人は実践していました。これが、この驚くべき衝撃でした。とにかく、レース中の馬のようにならずに、頭を柔らかくとの先生の意図を理解して、その後は一層英語関連授業に熱が入ったのでした。

他にも思い出すことがありますから、続編は後にとします。
私たちにはもう一つの【証書】があります。そしてとても大事にしています。

また英語科出身の同窓の方が多くおられますから、皆さんにも投稿をお願いしておりますから、楽しみにしてください。

ギング先生からのメールを頂きました

2012年10月6日に開催の41回総会・懇親会に「ギング先生」をお招きしていましたが、先生の急なご出張でお目にかかることが叶わなくなりました。
2013年の総会はおかげ様でたくさんの英語科の方との再会がかないました。記念写真も撮りました
先生から次のメッセージが英語課卒業生の皆さん宛に届きましたので、ご紹介します。
また、英語課歴代の担任の先生と札幌で会合を持たれた際の写真も送っていただきました。とても懐かしい写真ですのでここで披露もさせていただきます。先生の皆さんお元気そうでなによりです。先生方への連絡は谷村先生が受け持っていただいているようです。

Message from Mr. Ging

To all the alumni of Shimizugaoka Eigoka,

Greetings! I hope all of you and your families are well.
I'm sorry that I can't see you at the gathering this year. I have business in Hong Kong. I will be there until October 7th so it is impossible for me to attend. I enjoyed seeing you last year.
Last fall I had business in Hokkaido. I called Mr. Tanimura and he set up a gathering with all the Eigoka teachers living in Sapporo. We do this every time I am in Sapporo. I always look forward to it.
We had a very good time. I am sending some pictures of the gathering. I hope you enjoy them.
With best wishes to all of you.
                                              Regis B. Ging    September 30th, 2012


次の画像ををクリックすると別のウィンドウが開いて大きい写真でご覧いただけます。
左から、ギングさん、大塚さん、下宮さん、対馬さん、本田さん、宮田さん、谷村さん
英語課担任   英語課担任   英語課担任